プロフィール

Pumpkin Mama

Author:Pumpkin Mama
2DK(38㎡)の賃貸マンションで息子と2人暮らし。
狭い我が家をいかに広く楽しく住むか、日々格闘してます。


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


にほんブログ村


おすすめショッピング♪


最新トラックバック


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:インテリア・雑貨
「本物の北欧に触れて・・・前篇」の続きです。



バブル崩壊後、レストランになってしまった「スカンジナビア号
いつかまた是非もう一度訪れたいと思っていました。

が・・・

老朽化と経営不振のため、2005年、レストランも廃業してしまうことになりました。



その後、さまざまな"大人の事情"があり・・・
結局、「スカンジナビア号」は、故郷スウェーデンに帰ることになりました。


2006年8月31日、タグボートに曳航された「スカンジナビア号」は36年ぶりに沼津港を離れてゆきました。




8月31日 正午
祝賀ムードに包まれて、沼津港を出港

9月1日 22:10
浸水が確認され、串本港に入港

9月2日 1:30
船体が傾き始めたため沖合へ曳航。

9月2日 2:00ごろ
和歌山県串本沖3キロにて「スカンジナビア号」沈没。



「ステラポラリス」は、故郷スウェーデンに帰ることができなかった・・・

この時の驚きと悲しみは忘れることができません。



故郷に帰るために沼津を出た「スカンジナビア号

海の底に沈むために沖合に曳かれていった「スカンジナビア号


今でも、この時のニュースや映像を見ると涙があふれてきます。

多くの方がカメラにおさめた沼津港を出てゆく最後の姿を見るたびに涙が止まらなくなります。



勝手にリンクさせてもらっちゃいましたが、在りし日のスカンジナビア号をここに残してくださっています。
→ http://www.geocities.jp/marira2003/good_by.htm




30年前は今のような北欧ブームもなければ、北欧家具を知る人も少なかった。
でも、そこには20代の私が初めて触れた、本当の「北欧インテリア」「北欧エクステリア」がありました。

ステラポラリス1


見送った方のお話を聞くと、どうやら「スカンジナビア号」は、出航後すぐに何度も止まったそうです。
先へ進むのを拒むかのように。

そこには"第3の人生"を望まなかった彼女の意思があるように思えてなりません。
結果的に「たらいまわし」にされた晩年・・・せめて最後の場所は己で決めるという誇りのように思えてなりません。

そして、彼女には故郷にたどりつけないことはわかっていたことでしょう。
知らない海に沈むより、そこにとどまろうとしたのでしょう。

"大人の事情"に翻弄され続けた「七つの海の白い女王」の最後の意地とプライドだったに違いありません。




たぶん私の永遠の憧れは、海底72mで今も凛と立つ「スカンジナビア号」「ステラポラリス」だと思います。

ステラポラリス2









最後まで読んでくださってありがとうございます。
ぽちっと応援、よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(マンション)へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 北欧インテリア・雑貨 - ジャンル : ライフ

tag : スカンジナビア号

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ちいさな暮らし all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。