プロフィール

Pumpkin Mama

Author:Pumpkin Mama
2DK(38㎡)の賃貸マンションで息子と2人暮らし。
狭い我が家をいかに広く楽しく住むか、日々格闘してます。


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


にほんブログ村


おすすめショッピング♪


最新トラックバック


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:キッチン雑貨・食器
タオルバーのようなポールにものをひっかける場合に便利なのがS字フック。



お風呂場では、スポンジかけたり。

S字フック1


キッチンではざるを乾かしたり。

S字フック2



でも、吊るすための紐がついているものはいいのですが、そうでないものの場合はちょっとひと手間かかります。
洗濯バサミに紐をつけて吊るしてみたりしたのですが、どうにも勝手が悪い。


そこで登場いたしましたのは、その名も

ステンレスひっかけるワイヤークリップ

ワイヤークリップ1

無印良品のもので、4個で400円です。

ワイヤークリップ2


しまう前に乾かしたいけど、S字フックに吊るせなかったもの・・・

ジプロック、炊事用手袋、びわこふきん。

と~っても便利です♪



余談ですが、小さなびわこふきんはもう売ってないのでしょうかね?

探してみたけど、大きめのしかありませんでした。
    ↓
石鹸なしで洗える和布 びわこ台所用ふきん(小/32×35cm)  びわこ 消費税相当額サービス






それにしても、無印良品って、いつの間にか大人気のブランドになっちゃったんですね~

実は私、無印良品が誕生したときのことハッキリ覚えているんです。

確か30年くらい前だったでしょうか。
当初は、西友が始めたプライベートブランドだったんです。
今のイオン系でいう「トップバリュ」と同じですね。
西友の食品売り場や、家庭用品売り場の片隅に、そのコーナーはありました。


広告などを排除、簡易包装でお安く提供・・・といったコンセプト。
確か最初は「ノーブランド」という名前だったと思います。

最初は、食品が主だったんじゃないかなぁ。
マヨネーズとかケチャップとか、ある程度保存のきく調味料が多かった気がします。
あとは、洗剤とかスポンジとかそういったものだった記憶が。


魅力は、なんといっても安価という点。
当時は百均なんてありませんでしたから、質をあまり問わないものは「ノーブランドでいいや」という、そんな存在でした。
デザインも安っぽさ、やぼったさは否めなかったし、とてもじゃないけど若いおしゃれな奥さんが好んで買うようなものではなかったです。

それが、ノーブランドから無印良品と名前を変えて、文房具だの衣料品だのを取り扱うように。
その頃には、「無印って意外と高いよね」そんな印象に変わっていました。
「ノーブランド」時代を知っている人にとっては、「無印のくせに高い!」と・・・(笑)

売り場の片隅から、ワンコーナーを占めるようになり、いまでは大きな店舗が全国展開。
ムジラーなんて言葉が生まれるほどの人気"ブランド"となりました。

もちろん企業努力や戦略もさることながら、世の中全体が、シンプルでよいものを求める傾向になったのでしょうね。


気がつくと、Pumpkin家にも無印良品がちらほら。

おたま

無印1

無印3



30年前のスーパーの片隅の地味なコーナーを思い出すと、ちょっとくすぐったいような妙な感じです。






最後まで読んでくださってありがとうございます。
ぽちっとしていただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(マンション)へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : キッチン雑貨 - ジャンル : ライフ

tag : 無印良品

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ちいさな暮らし all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。